行橋市の人が使う”行橋弁”北九州弁とは違う!?喧嘩の決まり文句は!?

2021年3月31日

 

「行橋弁」

あまり聞き慣れない言葉ではないでしょうか。

私の地元は福岡県の「行橋市」という所です。

北九州地方の市なので、

「北九州弁」とまとめられてしまうことが多いのですが、

「北九州弁」とはまた少し違うのです!

私は大分県の「中津市」にも住んだことがありますが、

どちらかというと「中津市」の方が、方言が近いように感じました。

「行橋弁」ってあまり知られてないんですよね…。

そこで今回は、

「行橋弁」について詳しく

ご紹介したいと思います!

「北九州弁との違い」や、

「なぜ中津市の方が、方言が近いと思うのか」

についてもとことん語っていきますので、

最後まで読んで頂けると嬉しいです♪

行橋弁とは

行橋弁とは アレっと疑問形の女性のイラスト「行橋市 方言」と調べると、「北九州弁について」の記事が多数出てきます。

なので、「行橋の人は北九州弁」と思われていると思っています。

ですが、似ている方言もあれば、使わない方言もあります。

そもそも「行橋弁」とは、

旧国的に言えば「豊日方言(ほうにちほうげん)

豊前弁(ぶぜんべん)になります。

豊前市は、福岡県の「大分寄り」に位置します。

北九州弁も、旧国的に言えば「豊日方言の豊前弁」になるのですが、

行橋市もまた、「大分寄り」に位置するので、

北九州の有名な「小倉区」などとは方言が少し違ってくるのです。

なんか? ややこしいですね(^▽^)/

北九州弁との違い

ポイント。ここが違うよと手のイラスト私も北九州の「小倉区」に住んでいる友人が居るのですが、

話していると「やっぱり全然違う!」と思います()

例えば、「~やけ・やけん(だから)行橋は言うのですが、

小倉区は「~やき・やきぃ」と言います。

「き」行橋の人使わないのです。

 

他にも「そーと・そーとー(とても)」を多様するのが行橋で、

特に「そーと」をこれでもかと使います()

 

これも、小倉区は「でたん・ばり」を多用します。

「でたん・ばり」は、私は人生で一度も使ったことがありません()

「ばい」も有名な方言ですが、行橋は使いません。

意外と違う方言も多いのです。

大分県中津市の方言に近い!?

やはり「行橋市が大分県に近い」からでしょうか。

中津市で生活する上で、「通じなかった方言」はありませんでした!

しかし「~と?(なの?)」や「好かん(好きじゃない・嫌い)」は、

当たり前ですが使われていませんでした。

 

「~ちゃ(だよ)」や「やけ」、「そーと」等は同じように使われていました。

中津市の方言とも違う方言は、もちろんあります。

他県なので当たり前ですが()

でも、北九州の友人より「違和感」は少なかった印象です。

可愛い行橋弁を紹介(^^♪

可愛い行橋弁をご紹介している女性のイラスト「行橋弁」と「北九州弁」は違うといっても、主に使うのはやはり「北九州弁」なので、

ほとんど「北九州弁」の紹介になります。

・~やけ・やけん(訳:だから)

「暇やけ遊ばん?」

「好きやけん付き合ってくれん?」

など、日常生活にかかせない、よく使う方言です。

 

・~っち(って)

「これっちこれでいいんよね?(これってこれでいいんだよね?)

「今っち暇?」

という風に使います。

 

・~ちゃ(訳:って・だよね・・・)

「これっちゃ!」

「好きっちゃ!」

と何か強調するときに主に使います。

 

他にも

「~のこと好きなんちゃ・・・。やけ付き合ってくれん?」

という風に「~なんだよね・・・」という使い方もします。

 

喧嘩の時の決まり文句みたいなもので、

(^▽^)/(^▽^)/

口喧嘩をする男女のイラスト「ちゃっちゃちゃっちゃうるせーちゃ!

  (ちゃっちゃちゃっちゃうるさいよ!)

「お前もちゃっちゃちゃっちゃ言いよーやねーかちゃ!

  (お前もちゃっちゃちゃっちゃ言ってるじゃん!)

っていうやり取りを絶対に1回はします()

聞いてる人は面白いですよね()

 

・~っちゅう(訳:っていう)

先ほどから使っている「という風に使います」を、

方言に言い換えると、

「ちゅう風に使います」になります。

略したみたいなものですね。

 

・~ちょう・ちょる(訳:てる)

「あれはしちょうけんあれしちょって(あれはしてるからあれはしといて)

「友達来ちょう(ちょる)(友達来てるよ)

という風に使います。

ちょるとちょうの使い道に定義はありません。

同じ意味でも、使う言葉が違うときがあります()

 

・~しきる(訳:出来る)

「二重跳びしきる?(二重跳び出来る?)

「しきるよ!(出来るよ!)

という風に使います。

個人的に結構可愛いなと思います()

 

・いっちょん~(訳:全然~)

「いっちょんわからん!」

「いっちょん好かん!」

という風に使います。

これを言われると何か許せてしまうんですよね()

 

・いっちゃん~(訳:最も・1)

「いっちゃん好かん!」

という使い方が多い気がします。

順位の「1番」ではなく、

「最も嫌い」という「1番」として使います。

あわせて読んで欲しい関連記事

まとめ 

「行橋弁」についてご紹介しました。

「聞いた事がある方言」も「聞いたことがない方言」もあったのではないでしょうか。

「行橋」は主に使うのは「北九州弁」ですが、

「意外と違う方言も多い」ということが伝わったのではないでしょうか。

「北九州弁」とも「大分弁」とも少しずつ違う「行橋弁」。

私は結構好きです!

独特な方言って何かいいですよね♪

つくづく「方言は面白い」と私は思います。

ここまで読んで頂き有難うございました♪