船釣りの靴選びは軽視すると後悔します。クーラーも大事!

2018年5月22日

船釣りを始めようと釣り船の予約までしました。

今までの釣りでは『波止釣り』がメインで何を揃えたら良いかも分かりません。

船釣りデビューのあなたにアドバイスします。

先ずは"足元"の靴を揃えましょう。

船釣りでは「濡れる」事を前提で、

足元を守る靴を用意しましょう。

足元もしっかりと準備しないと楽しい筈の釣りが台無しになります。

船上では、釣った魚の処理で汚れも付きますし、血を流したりしますので、足にもかかりますよ。

初心者に限らず、靴選びは

“滑らない長靴"がベストです。

コチラでは、季節に合わせて『春・夏用』『寒い冬用』などのおススメできる船釣りに適した靴を紹介します。

船釣り初心者なら最低限これで大丈夫!

大手スーパー、ホームセンターなどで売っている『白い長靴』であれば大丈夫です。

船釣り初心者の方なら、この手の長靴で事足りますよ。

冬意以外なら船上でも滑らないし、魚の取り込みからさかなを絞めてバケツに入れるまでは難なくこなせますよ。

当然、釣り具のメーカー品じゃないのでコスパも気にしなくて大丈夫ですよ。

冬の季節には防寒対策の靴が要ります

「長靴」二足あればベスト! 冬用に防寒対策がしっかりと出来ている長靴あれば安心です。冬には、船底からの「冷え込み」が半端じゃないですよ。是非、万全の準備を心掛けてくださいね。

DB-1410 (ベリーショートネオデッキブーツ)

■コンパクトで持ち運びが楽なベリーショートタイプ新登場
■履きやすい「ローバックカット」
■オールシーズン対応可能な「軽量特殊ゴム」採用
■脱ぎやすい「キックオフ」
■通気性が高い3Dメッシュ構造のインソール 

WD-2400 (ウィンターラジアルデッキブーツ)

■オリジナル波型ラジアルデッキソールの特長・・・防滑性・耐摩耗性を追求し、水を吸い上げ、かき出し、滑りやすい堤防や船上でも高次元のグリップ力を発揮。

■ウールフェルトにアルミ断熱材を蒸着したインナーソックスを内蔵。
■保温性が高く、フィット感に優れているため快適な履き心地。

■取り外し可能。

イカ釣りにはこれがベストでした!

関西圏では、6月頃から"イカ釣り"の出船が始まります。この時期になると流石に長靴は駄目ですね。蒸れて蒸れてたまりません。

夜釣りになりますが足元が濡れても違和感なく楽しめます。
 

 「クーラー」始めは、30リットル容量ひとつで充分です
釣り物によっては、大型容量50リットルが必要ですが、当面は、容量30リットルで大丈夫ですよ。中身は、氷、魚、食料、飲物は充分入りますのでご安心を。

※釣りメーカーの商品をお薦めします。ディスカウントショップ、スーパー等で販売している安価な商品は保冷効果が低いので、鮮度が落ちると折角のご馳走が台無しになりますので。
強度も必要です。波の高い時は、揺れの影響で、クーラーが相当な勢いで衝突しますので、釣りメーカー商品をお選びください。

良い条件とあなたの腕前がマッチして、爆釣すると「クーラーに入らない(怒)」その時はゴメンなさいね。お詫びいたします。何回でもしたいものです(笑)。

プロバイザーHD 2700

防波堤・船・磯・サーフなど、釣りのジャンルを問わず活躍する信頼のダイワクーラーボックス。座っても大丈夫な「マッスルボディ」、開け閉めしやすい「リフトアップオープンシステム」、持ち運びや車への出し入れ時に便利なロングハンドル、水抜きに便利な水栓など、使いやすい機能を満載。保冷力に優れた真空パネルから軽さがメリットのスチロールまで、用途とシーンに合わせて選べる豊富なバリエーションで、釣りはもちろん確かな保冷力が必要なアウトドアシーンなどでも重宝する。

《大型容量50リットルが必要な釣り物》
飲ませ釣り=ハマチ、メジロ、ブリ、ヒラメ
イカ釣り=100杯以上(自慢でごめんなさい)が二回あります。イカと五目釣りの二本立て(関西では結構あります)イカ釣りの前後(昼間か明け方から)に、アジがメインの五目釣りか、真鯛狙いの釣り船もあります。
大型クーラーがあれば、新鮮さも保て安心して爆釣出来ますよ。

ヒラメ94㎝

       じ~じ自慢の「大型ヒラメ・94㎝」凄いでしょ。

バッグは使い勝手を重視する

バッグ=道具入れ。機能性、収納性を考えたタイプを選ぶ
◇電動リール◇竿受け◇仕掛け◇錘◇手袋◇軍手◇道具類◇当日の食料・飲み物など

ATタックルバッグ D40(A)ブラック

じーじ・乗船した釣り船……5

豊漁丸=20t 全長24m 超大型船。駐車場無料。

敦賀の色浜から出船してます。超大型船で安定感があり、釣り座間は広くて釣り易いです。船長の指示も的確ですし、釣り方のアドバイスも逐一してくれます。集魚灯も最新のLED使用してます。ポイントに関しては熟知している船長は、沢山釣らせる為の努力は惜しまないですよ。イカ釣りなら是非どうぞ。

オススメ:★★★★★

まとめ

釣り人のウエア、デッキシューズ、持ち物等を見るとメーカー商品が多いのは、それなりの理由があるんですね。「濡れない」「滑らない」「保温」などを考慮しての製品群です。釣行後には洗ってから手入れをしますと十分に長持ちしますよ。

趣味の釣り

Posted by つーやん