赤ちゃんと飛行機で旅行!泣いたりぐずったりが心配…安心な過ごし方

 

コロナが落ち着きはじめると

ドッと需要の上がりそうな旅行。

少し遠出の旅行といえば飛行機を

ご利用される方も多いはず。

その中でも我が子と旅行ができないだけでなく遠くに住む実家や親戚に赤ちゃんをお見せすることすらできなかった親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしいざ赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るとき、

「飛行機で泣いたらどうしよう」

「周りのお客様に迷惑をかけないか心配…」

と不安を抱いているあなたへ。

この記事では、赤ちゃんとの飛行機での過ごし方に関して対策やおすすめのサービスなどをご紹介します。
 

赤ちゃんと飛行機に乗る前に

フライト中の飛行機の窓から見える翼飛行機で旅行する際は機内へ入る前に

快適な空の旅になるよう工夫ができます。

ここでいくつかのポイントをご紹介します。

赤ちゃんの飛行機での過ごし方を決める!座席を選ぶポイント

飛行場のフロアーから飛行機を見ている赤ちゃんまずは座席についてです。

空港カウンターでのチェックインの際、

赤ちゃんの基本的な座席についてお話しします。

飛行機の航空券の予約の際に

赤ちゃんの座席を確保するのか

赤ちゃんは座席を保有する(1席分購入)するのか

親御さんのお膝の上に抱えられて座るのかを選択します。

次に空港カウンターで係員と相談しながら

機内での座席の位置の調整を行います。

この時にできるだけ、周囲にお客様が居られない座席をリクエストしてみましょう。

周囲にお客様が少ない座席だと

赤ちゃんがもし泣いたりぐずってしまっても

迷惑をかけてしまうという心配が軽減されます。

また飛行機の座席は窓側か通路側の選択も可能です。

ここで赤ちゃんに窓から外の景色が見せたいのであれば窓側、親御さんや赤ちゃんが何度もお手洗いに立つことで周りのお客様に気を遣ってしまうなら通路側を選択しましょう。

もしご家族何名かでご搭乗される際は

どちらの座席を選んでも赤ちゃんの移動は簡単なので不便は少ないですね。

ちなみに空港では出発地と到着地で

ベビーカーの貸し出しサービスを

しているところが多くあります。

こちらも赤ちゃんが空の旅を快適に過ごすための

ツールになりますのでぜひご利用してみてください。

機内での快適な過ごし方のポイント!飲食について

機内食の画像座席が決まれば

機内での過ごし方を工夫しましょう。

まずは機内での飲食についてです。

例えば国内線であれば多くの航空会社で飲料や食料の機内持ち込みが可能です。

国際線でも、持ち物検査を終えた後、

搭乗口エリアのお店でお買い物したものであれば

食品を持ち込めます。

もし機内で赤ちゃんが泣いたときに

さっと出せるお気に入りの

おやつなどを買っておくのをお勧めします。

機内食を離乳食に変更できる場合もありますので

事前に係員に尋ねておくと良いでしょう。

機内での温度調節をして赤ちゃんと快適に過ごそう

飛行機の座席で寝ている赤ちゃん次に温度調節についてです。

機内では寒く感じられることが多くありますので

事前に毛布かブランケットなど何か羽織れるものを

用意しておくと赤ちゃんが快適に過ごせます。

また機内はとても乾燥していますので

赤ちゃんの喉を痛めないよう

マスクを用意してあげるのもいいですね。

いざ機内へ!飛行機での赤ちゃんとの過ごし方

フライト中の飛行機の窓から外を見ている赤ちゃんさて、ここまで準備できたら

いよいよ機内に入ります。

多くの航空会社では、お子様連れのお客様を

他のお客様より先に搭乗させてくれるサービスを提供しているので

赤ちゃん連れの方でも焦らずスムーズに座席まで到着できるでしょう。

離陸直後や気流の中では飛行機の揺れが

大きく感じられます。

不安な方も多いと思いますが

機内の客室乗務員はフライトの前に「どの便に、どの席に、赤ちゃん連れが、何人いるか」全て把握しています!

ですので客室乗務員も気遣ってくれます。

また、機内で何か問題が起こったとき

客室乗務員に申し出れば

力になってくれます。

例えば、

「やっぱり寒いので毛布を一枚欲しい」

「飛行機の揺れで嘔吐してしまったため掃除してほしい」

などのお問合せには十分対応できるように

訓練されています。

それだけでなく

飛行機を怖がっている赤ちゃんには

何かあやせるおもちゃやキャンディを

持ってきてくれる場合もあります。

あわせて読んで欲しい関連記事

まとめ

赤ちゃんのいる家族四人の写真いかがでしたでしょうか。

機内での赤ちゃんの過ごし方には

不安を感じられる方も多いと思います。

でも、搭乗前の準備さえ入念にしておけば

機内では不自由なく過ごせることがわかりました。

赤ちゃんとの空の旅をいかに快適にできるかを

航空会社の係員と相談し

楽しい思い出になることを願っています。

赤ちゃん

Posted by つーやん