子ども用自転車のリフレクター修理の体験記。メーカーに問い合せが◎

2021年12月27日

 

子ども用自転車の後部自転車の後ろの反射板が壊れたとき、

修理しようと思いますよね。

しかし、これって法律的につけないといけないものなのか知っていますか?法律的には、「夜間は反射板がない自転車で走ってはいけない」ということになっています。

後ろの反射板は、「リフレクター」とも呼ばれています。

先日わが家で子ども用の自転車のリフレクターが壊れてしまいました。

子ども用の自転車ということで、規格の合うものがなかなかなく、

探すのに少し苦労しました。

色んな所で代用を探した結果、修理したいときはメーカーに問い合わせるのが一番という結果にたどり着きました。今回は、その過程を書きますね。

リフレクターが壊れた方の参考になると嬉しいです。

子ども用自転車のリフレクターが壊れた

壊れた子ども用自転車のリフレクター部分わが家に16インチの子ども用自転車があります。

先日、子どもがボールを蹴っていてその自転車にぶつけてしまい、

後方の反射板がバキッと折れてしまいました。

部品の調達ではメーカーが神対応でした

そこで色々と調べたところ、

反射板やリフレクターがないと、夜間に乗ってはいけないということが分かりました。

道路交通法で決められています。

また、つけていないと罰則として、5万円以下の罰金等が発生することもあるそうです。

『(自転車の制動装置等)

第六十三条の九   

2 自転車の運転者は、夜間(第五十二条第一項後段の場合を含む。)、内閣府令で定める基準に適合する反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。』

引用:道路交通法

危険なので、つけなおそうと思い、探しに行くことにしました。

100均、ホームセンター、メーカーで子供用リフレクターを探した結果

リフレクターをを探すウサギのイラスト自転車屋に頼むと工賃など上乗せされると思ったので、

安く買って取り付けようと思いました。

なんせねじで簡単に止められるものだったので。

100均・・・在庫切れなのか行ったときは一つも置いていませんでした。

大人用自転車の物なら場合によってはあるそう。

ネット・・・1000円ほどするものが多いです。送料もいることが多い。

わが家の自転車に合うタイプのものはありませんでした。

ホームセンター・・・2タイプあったが、わが家の自転車とはタイプが違うものでした。

 

ホームセンターで見つけた自転車のリフレクター値段は600円ほど。

自転車を買ったのがおもちゃ屋だったことや、

子ども用だったことから、同じタイプのものがなかなかなかったようです。

そこで、買ったメーカーに電話で問い合わせてみました。すると、お金を振り込むと届けてもらえることになりました。

慣れている感じだったので、こういうパターンは多いのでしょうか。

保証期限も過ぎていたのですが、対応してもらえました。

必要だった情報は、

✅購入年月日(おおよその)

✅商品名

✅インチ

✅色

だけでした。

なんと送料込みで250円でした。

振込手数料のかからないネット銀行から振り込んだので、250円だけですみました。

子ども用自転車リフレクターの取付けは簡単だった

新しい自転車用リフレクターの写真

5日ほど待つと届きました。

メーカーの神対応の証拠=実質50円だった

封筒に200円分の切手が貼られていました。

感謝で~す。

届いた自転車用リフレクターの封筒リフレクター自体は50ということで、格安でした。

ねじを一つ止めるだけですぐできました。

ドライバー一つさえあればオッケー。

安く手に入れられてとても満足でした。

あわせて読んで欲しい体験記事

まとめ

自転車に乗る子供✅自転車のリフレクター(自転車後ろの反射板)は、ついていないと夜間走ってはいけないと道路交通法で決められている。

✅リフレクターも後部ライトもつけずに走っていると、5万円以下の罰金をとられることもある。

✅自転車の種類ごとに違うので、近くのお店に売ってない場合はメーカーに頼んでみるのも良い。

✅今回のこども用自転車の場合、メーカーに問い合わせたのがベストだった。

私の体験がお役に立てると幸いです。