専門卒看護師は管理職になれない?看護師のキャリアについて徹底解説

看護師としてのキャリアについて

悩んでいますか?

例えば、専門卒だと管理職には

なれないかも…とか。

今後ずーっと…ヒラ看護師のままかな…とか。

でも実際はそんなことありません!

専門卒でも管理職として

看護師のキャリアを積むことはできますよ。

では一体どんな病院で管理職として働けるのか、管理職になるために必要なことは何かをお教えします。
 

専門卒看護師でも管理職になれる?

青空の下、屋上で医師と看護師が並んで立っている。医師は空を指さしている。せっかく看護師になったのだから

もっと上を目指したい、

と思っているあなた!

目指すのは管理職ですか?

基本的に管理職というのは、

看護部長や看護師長などを指します。

これになるためには

どうすればいいのかというと、

まずは看護師としての経験を積むことです。

できれば病院での経験がいいですね。

一般的には臨床経験10年以上

必要とも言われています。

そして、管理者研修というものがあるので、

それを受けるのもおすすめです。

管理者研修は病院によって

行なっているところと行なっていないところが

あるので、規定を確認してみてください。

また、管理職は上司からの推薦でなれることが多いです。

まずは主任を目指すために、

師長と日頃からコミュニケーションを

密に取るのも手ですよ。

こうして見ると、管理職になるのに

学歴は関係ないと言えます。

専門卒でも、やる気と責任感があれば

管理職になれますよ!

管理職に必要な事とは!?

看護師が手を向けて案内している。看護師はピンク色のナース服に青色の聴診器を肩にかけている。管理職に必須のスキルというのは

特にありませんが、

以下のことが必要になってくると考えられます。

✅リーダーシップ

✅責任感

✅協調性

✅俯瞰的に物事を捉える力

✅マネジメント力

✅経営能力

これらのことを研修で学んだり、

日々の看護の中で身につけたりすることで、

管理職に近づきます。

あわせて読んで欲しい関連記事

まとめ

専門卒の看護師でも管理職になれるのかと、

管理職になる方法についてまとめてきました。

管理職になるために学歴は

あまり関係ありませんでしたね。

日々の努力の積み重ねが

キャリアアップにつながります。

しかし、管理職になれなくても

それはそれでいいのではないかとも

思います。

実際管理職になれる看護師は

ほんのひと握りですし、

現場から離れてしまうという

デメリットもあります。

患者さんのそばで看護をするのが好きなら、

ヒラ看護師でも全く問題ないと思いますよ。

キャリアアップの方法は

人それぞれですので、

自分に合った働き方を見つけてくださいね。