【看護師必見】好きな時に好きな場所で働ける?派遣看護師の魅力!?

 

職場と家の往復の生活に

疲れていませんか?

 

もっと自分の時間が欲しい、

趣味や副業に費やす時間が欲しい、

と思っているそこのあなたに朗報です。

 

看護師でも派遣で働くという

選択があります。

派遣にはいくつか種類が

ありますが、上手く活用すれば

自分が好きな時に好きな場所で働くことができるようになります。

 

この記事では、

派遣看護師の働き方について、派遣の仕組みや実際の働き方をご紹介していきます。

 

派遣看護師って何?

机の前に座っている白衣の看護師が人差し指を立てている。目の前にはパソコンが置かれている。ここでは、派遣看護師の

働き方について説明していきます。

まず、雇用に関してですが、

正社員やパートなど

いわゆる主流の働き方では、

病院や施設と直接雇用契約を結びます。

当然お給料なども病院や施設が支払います。

 

一方で派遣として働く場合、

雇用契約は派遣会社と結びます。

お給料は勤務先ではなく

派遣会社から支払われます。

ここが大きく違うところですね。

 

実際の業務内容については、

雇用形態が違っても変わりはありません。

勤務先の業務内容に準じます。

 

次に働く期間についてです。

派遣は有期雇用といって、

働く期間を決めてから仕事をします。

 

短期の仕事もあれば長期の仕事もあります。

ただし、最長でも3年間と

法律で決められています。

 

では、3年間働いてしまった

勤務先では二度と働けないのか

というと、そうではありません。

 

クーリング期間(3か月+1日)が

経過すれば再び派遣スタッフ

として働くことができます。

ここまで派遣看護師の

仕組みについて説明してきましたが、

実は看護師の派遣は原則禁止

されています。

法律によって派遣看護師が

医療行為を行うことが

認められていないからです。

しかし、例外があり次の3つに

当てはまれば、派遣看護師として働けます。

〈紹介予定派遣〉

これは、一定期間派遣看護師として

働き、その後正社員として勤務先に

直接雇用されるものです。

正式に入職する前に、

お試しで働いてみる

といったような形です。

〈産育休代替派遣〉

産休や育休に入る看護師の

代わりに派遣看護師が働く、

といった方法です。

〈医療行為を伴わない施設への派遣〉

老人ホームや特養、デイサービス、

保育園など、医療行為を伴わない

施設であれば派遣看護師として働けます。

 

派遣看護師のメリット

白衣の看護師がこちらに笑顔を向けている。左手でオーケーのポーズをしている。次に派遣看護師として

実際に働く私が感じた

メリットをご紹介します。

 

まず一番はお給料がいいことです。

派遣で働くときは基本的に

時給制なのですが、

だいたい1800円~2000円、

多いところで2400円なんて

こともあります。

 

一日8時間働けば一気に

15000円以上稼げてしまいます。

次に、自分のペースで働ける

というところです。

 

私は単発派遣を選択しているため、

一日単位で仕事をしています。

自分のスケジュールに合わせて

仕事を入れられる日を選び、

その日だけ仕事に行くという

働き方は、ある意味とても自由です。

 

また、行きたい勤務先も

自分で選べるため、

得意な業務ややりたいことが

できる職場を選択し、

ストレスなく働くことができます。

 

人間関係にとらわれたくない

という方にもおすすめです。

そして、何かトラブルが起きたときは

派遣会社が勤務先との間に

入ってくれるため、安心できます。

 

派遣看護師のデメリット

白衣の看護師が下を向き両手で顔を覆っている。背景には木々が並んでいる。残念ながらいいことばかりではありません。

それなりにデメリットもあります。

たとえば、ある程度のスキルを

持っていないと困ります。

 

その日その日で職場が違ってくるため

その職場のルールや勝手がわからず

戸惑うこともあるので、

ある程度の現場力はつけておいたほうが

安心でしょう。

 

また、正社員ではないので

ボーナスや昇給がありません。

その勤務先の福利厚生も

受けられないため注意です。

あわせて読んで欲しい関連記事

まとめ

今回は派遣看護師として

働くメリットやデメリットを

お話してきました。

メリットは、お給料がいいこと、

自分でスケジュール管理できること、

人間関係などのストレスが少ないこと。

デメリットは、一定のスキルが

必要なこと、臨機応変な対応が

求められること、ボーナスなどの

恩恵が受けられないことです。

私としては、デメリットよりも

メリットのほうが大きいため、

派遣看護師を選択しました。

ぜひ自分のライフスタイルを

考えて派遣看護師も

検討してみてください。