【看護学生向け】実習を乗り切る基本のき!挨拶・記録・身嗜みは必須

 

 看護学生になると必ず経験する

特徴的なものが臨地実習です。

これから初めて実習に出るというあなた、不安でいっぱいですよね。

実習では何が問われるのか、

どう立ち回ったらいいのか、

悩んでいると思います。

そんなあなたのために、

実習の基本についてまとめました。

基礎の実習は、勉強ができるということより、実習へ臨む態度が重要視されます。

では、具体的にどうすればいいのか、

この記事を読めばわかりますので、

読み進めていってください。

【実習ポイント】挨拶は率先してする!

マスクをつけた白衣の女性が座ってこちらに微笑んでいる。病棟にはいろんな方がいます。

看護師はもちろん、医師、

理学療法士などの職員、

それに患者さんです。

その方々とすれ違う時は

率先して挨拶しましょう。

最初は恥ずかしいかもしれませんし、

無視されるかもしれませんが、

気にせず挨拶します。

笑顔も忘れずに。

また、病棟に実習開始の挨拶をするときも、

積極的にいきましょう。

リーダーが挨拶すると決まっているなら、リーダーになっておくといいですね。

また、挨拶とは少し違いますが、

指導者さんに声をかけるときなど、

「○○さん、記録の確認お願いします」

のように、名前を呼ぶようにすると

いい印象になります。

自分の名前を指導者さんに

覚えてもらえてたら嬉しいですよね。

それと同じです。

【実習ポイント】記録は丁寧に!

階段の踊り場。白衣の女性が空を見上げて笑っている。手にはボードを持っている。忙しくて殴り書きや走り書きしがちですが、

記録は指導者さんや教員が読みます。

読んでもらいやすい字で書くことはとても大切です。

もともと字がきれいじゃない、

と落ち込まないでください。

丁寧に書けば、その思いは伝わります。

【実習ポイント】身だしなみは完璧に!

3人の白衣の女性が並んで立っている。3人とも笑顔で、手を前に添えている。看護実習において

これは本当に大切なことです。

指導者さんや教員が

付け入る隙のないくらい、完璧にしましょう。

具体的にいうと以下の通りです。

✅髪の毛は目にかかっていないか

✅肩につく髪は結んでいるか

✅髪の毛の色は黒か濃い茶色か

✅化粧はナチュラルか

✅白衣にしわや汚れがないか

✅ストッキングは破れていないか

✅ナースシューズは汚れていないか

✅爪は短く、汚れていないか

✅アクセサリーは付けていないか

✅香水は付けていないか

 

あわせて読んで欲しい関連記事

まとめ

 看護学生さん向けに、

実習の基本をまとめてきました。

大切なのは大きく分けて3つです。

✅挨拶をすること。

✅丁寧に記録を書くこと。

✅身だしなみに気をつけること。

本当に基本中の基本で、

実習に限らず社会に出たときにも

必要になることですので、

今のうちに体に染み込ませておきましょう。

その上で、勉強の方も頑張ってくださいね。

あなたなら、きっと大丈夫ですよ!