専業主婦は損!?PTAの役員選出では引き受けて当然の空気感が漂う

2022年1月23日

 

ため息をつくポンパドゥールの専業主婦PTA役員の仕事は、

お金をもらえる訳でもないのに

時間をとられるので、できれば

やりたくないですよね!!

 

そこで気になるのが、

仕事をしていない専業主婦は役員を

頼まれやすいのかというところ。

 

実際、PTA活動は昼間の集まりが多いので、

時間の融通が利きやすい人に

してもらえると助かります。

 

専業主婦は、役員決めのときに

声をかけやすいと言えるでしょう。

 

しかし、最近では、仕事の有無は関係なく

決めるところも多いです。

 

仕事を持つ人が多ければ、土曜日や

夜に集まりをすることもあるそうです。

 

専業主婦は、

PTA活動ではしているのか、

✅専業主婦は役員になりやすいのか

✅専業主婦が役員になると仕事の負担が大きいのか

✅専業主婦がPTAで損をしていると思う場面

について書きました。

 

専業主婦でPTAを任された、

あるいは任されそうなあなた。

この記事を読むと、専業主婦がPTA役員になると損をするかどうかが分かると思います。
 
 
 

PTA役員は、専業主婦に声がかかるの?

PTAの札を下げて交通安全活動をする人PTA役員と言っても、

「本部」「その他の役」

大きく2つに分かれます。

 

仕事が大きく違うので、

分けて考えてみましょう。

 

【本部】

会長・副会長・書記・会計など、

PTAの運営の中心であり、出番も多い。

 

【委員会】

クラス委員・地区委員・広報委員・交通委員など、それぞれの場所を担当するもの。

学校により役名は異なる。

 

出番は少ないのでそこまで負担にはならない。

委員長になると、まとめたりする必要があり大変。

全員が1人1回しないといけない場合が多い。

 

◇専業主婦に声がかかりやすいのは?

本部役員は、今の役員から出来そうな人に直接声がかかることが多いようです。

専業主婦は優先されやすいと言えます。

なぜなら、時間に融通が利きやすいと思われるからです。

しかし、本部はPTAの核ともいえる役職なので、それなりの器や、やる気がないとできません。

声をかける側も、できるタイプの人かどうか見極めていますし、専業主婦でも事情や都合がある人は断っています。

 

仕事をしながらもPTA本部をしている人もいます。

小学生になると、働く親も増えてくるので、専業主婦だけを選ぶわけにはいかなくなります。

逆に、委員会の方だと、兼業主婦でも専業主婦でも平等に選ばれることが多いです。

選任方法=くじ引き

私の地域でも、立候補がいなければ、妊婦さんや事情のある人以外は容赦なくくじ引きでした。

人数が多い園や学校では、下の子が未就園児だったら免除ということもあります。

PTA役員になると、専業主婦が損をする?

PTA役員が話し合いをしているイラストPTAはボランティアなので、役員をやらなければ、時間をとられることなく楽だと思います。

専業主婦は時間に融通が利く人が多いので、仕事をたくさん任されがちです。

そういう意味では、仕事を多く任されるのは時間的に損をしていると言えるでしょう。

 

しかし逆に、メリットも多いのです。

✅学校の内部の様子が分かる

✅子どもの園や学校での様子が見られる

✅先生とも仲良くなれる

✅周りの人に感謝されたり頼りにされたりする

✅保護者の知り合いが増える

子どものことを第一に考えている親なら、嬉しいこともたくさんありますよね。

チャンスだと思って一度してみると、案外良い経験になるかも知れません。

専業主婦がPTAで損をしていると感じる場面

PTAの看板にひもでつながれ苦しそうな人形

◇やって当然の空気感

専業主婦だと、「暇だからできるでしょ」

思われることがあります。

働いてなくても自分の時間を削っているのは変わりありません。

病気や介護など理由があって専業主婦をしている人もいるのに、理解がないのはつらいですね。

しかし、大体の親御さんは役員さんに感謝していると思いますので、気にしないようにしましょう。

◇仕事したくても役員になってしまったため始められない

仕事をしたいと思っていたのに、役員になったために仕事を始められなくなることも。

途中で仕事を始めてしまうと、両立が大変でしんどくなるパターンもあります。

◇仕事で欠席している人のカバー

話し合いを欠席した人がいると、カバーしなくてはなりません。

仕事を持つ人が休むのは仕方ないとはいえ、専業主婦が負担するのは損をしていると感じることもあります。

◇家庭の時間が減り、イライラしがちになる

普段なら家庭のために働けているのに、PTAが大変なために家庭のことができないと、PTAのために専業主婦になった訳じゃない!と思ってしまうかも知れません。

◇人間関係が悪いとストレスになる

役員の中でも、協力的じゃない人がいると大変です。

話し合いは欠席するのに無理な意見を言ったり、仕事の不満を言ったりする人がいることもあります。

また、気が合わない人と長時間いるのもつらいですよね。

できれば、上手くやっていけそうなメンバーがいるときに役員になるのがオススメです。
 

 
あわせて読んで欲しい関連記事
 

まとめ

学校をバックにPTAのふだのまわりに集まる人々✅専業主婦は、時間に都合がつくのでPTA役員になりやすいが、必ずという訳ではない。

✅仕事を持つ人でも、PTA役員をしている人は多い。

✅PTAは、悪いことばかりではないので、損をしているとは言い切れない。

✅結局はメンバーや環境にもよる。

役員もそうでない人も、お互いに相手を思いやって、協力することが大切だと思います。

個人の事情を考えた楽しいPTA活動が良いですね。