拾った亀を飼うのに必要な道具は?クサガメを拾ったわが家の亀ライフ

2021年7月26日

 

クサガメのこどもわが家にはクサガメが一匹います。

名前はごろうざえもん

通称「ゴロー」です。

このゴローとの出会いは、一年前の6月の用水路でした。

まだまだ小さかったゴロー。

見つけたけど、飼うことは考えていませんでした。

しかし、何という亀かを調べ、

飼い方を調べると、

意外と飼えそうなことが判明。

それから飼うこと一年。

今では立派に家族の一員として育っています。

「亀を拾ったけどどうしよう?」というあなた、

「亀を飼ってみたい」というあなた、

「亀を飼うには何が必要なんだろう?」というあなた。

この記事には、

クサガメの飼い方と、

飼ってみた一年間の

体験談を書いています。

良ければ参考にしてみて下さいね。

亀を飼うには覚悟が必要

クサガメの顔どアップ亀は、なんでも飼っていいわけではありません。

飼えない亀もいます。

また、飼育をして、逃がすことを禁止されているものもいます。

もし、環境省で指定されている、「特定外来生物」だった場合、

新たに飼うためには、主務大臣の許可を受けなければなりません。

学術研究・展示などの目的があって、施設を整えないと許可がおりないので、

ペットとしてでは、飼えないようです。

以前から飼っていたものなら、許可を得られれば飼育できるそうです。

詳しくはこちら

環境省 日本の外来種対策

ちなみに、現在の特定外来生物に指定されている亀は、

・カミツキガメ

・ハナガメ

・ハナガメ×ニホンイシガメ

・ハナガメ×ミナミイシガメ

・ハナガメ×ミナミイシガメ

・ハナガメ×クサガメ

です。

わが家は、用水路で7㎝ぐらいの小さな亀を見つけました。

亀の種類を調べてみると、「クサガメ」という亀だということが判明。

「クサガメ」は、飼っても良い種類とのことで、飼うことにしました。

もちろん、途中で逃がさないこと前提です。

亀の寿命は

30年~100年

以上もあるそうです。

そういう意味で、亀を飼うには覚悟が必要だと思います。

亀を飼うのに必要なものは?【夏】

夏の亀飼育の水槽夏は、亀を飼うのは比較的簡単です。

わが家では、夏は外に出して飼育しています。

真夏の暑い日は、温まりすぎると死んでしまうので、

日陰に入れて、水温が上がりすぎないように注意しています。

そして、クサガメを飼うには浅く水を入れておく必要があります。

体がかぶるくらいがいいです。

入れすぎに注意。

すぐに、エサやフンで汚れて臭くなるので、3日に一回ぐらい水替えをしています。

亀の掃除用グッズ掃除用のブラシや、汚れをすくう用の茶こしのようなもの、バケツがあると便利です。

冬の掃除用に、給油で使うポンプもあると便利です。

その他、このようなものを使っています。

【必要なもの】

水槽

わが家ではホームセンターで買った、青い四角い“たらい”を使っています。

長さは33×47㎝です。

今、ゴローは体長13㎝ほどなので、ちょうどいいですが、

大きくなったらもっと広い方が良いかもしれません。

亀はどんどん大きくなります!

金網

猫にとられないように、天井に金網をかぶせています。

100均で購入しました。

岩場

亀は、日光浴が必要です。

隠れ場所や、温度調節も必要なので、入れる岩場が必要。

初めは小さい岩場を使っていましたが、体が大きくなったので、

高さが調節できるものに買い替えました。

良い感じです。

エサ

わが家では、「カメサクッ!」というのを与えています。

ペレット+エビ入り。

最初のころは、もっと小さい100均のエサを与えていました。

偏食や食欲不振の時期もありましたが、今ではバクバク良く食べます。

また、食事のことは別記事で書こうと思います。

今は「カメサクッ!」がお気に入りです。

 

水温計

暑くなりすぎると死んでしまうので、水温を計れると便利です。

30度を超えると危険!

亀を飼うのに必要なものは?【冬】

冬の亀飼育グッズ冬は寒くなり、亀には辛い時期です。

冬眠させる場合もあるそうですが、小さいうちは耐えられないこともあるそうで、

わが家では

水中ヒーターで

温めていました。

また、太陽の温かさと紫外線も足りなくて元気がなくなるそうなので、温め用のライトと、紫外線を当てられるライトを使用していました。

温め用のライトと、紫外線発生ライトの二種類を使うことでやっと、太陽の代わりになるそうです。

水替えも頻繁には難しくなるので、ろ過できる水中フィルターも使いました。

わが家で使用しているものはコチラです。

【必要なもの】

ヒーター

テトラ セーフティデュオ 26℃レプトヒーター50w

水の中に入れて使用します。

温め用ライト

ジェックス SWAMP BASKING SPOT スワンプグロー 50W

温め用ライトのライトスタンド

カミハタ テラリウム用ライト&ヒーター専用 クリップスタンドテラ

紫外線発生ライト

紫外線発生用ライトのスタンド

YAZAWA クリップライト

フィルター

水作 タートルフィルター+S

フィルター交換ろ材

冬はいろいろと使いました。

コチラも飼育してますよ!  カブトエビもいます

まとめ

たらいの中のクサガメの画像環境にもよると思いますが、

わが家では亀を、夏は屋外、冬は室内で飼育しています。

・一年を通して、水槽・岩場・エサは最低限必要。

・夏は比較的少ない設備で飼育できる。

・冬は日光浴がしにくいので、太陽の代わりに、温め用・紫外線発生用のそれぞれのライトが必要。

・冬は、水温維持も必要なため、ヒーターも必要。

・冬は掃除が難しいため、フィルターもあるとよい。

今回は、わが家の亀飼育で使っているものを書きました。

良ければ参考にしてくださいね。